長野行くならフリープランは?

フリープランは、新幹線や特急で長野に行こうとするとき、旅行や出張をおトクにしてくれる強い味方。メリットも注意点もいろいろあるので、自分の場合は使えるかどうか、おトクになるのかどうか、よく調べて、使えるなら大いに活用しちゃいましょう。

フリープランとは?

特急など電車の往復切符と宿の宿泊プランがセットになっていて、旅行会社が売っているツアーの一種です。「JRセットプラン」とか、名前は会社によっていろいろです。

予約は旅行会社のホームページからが便利。ホームページ上で宿と宿泊プランを検索して選んでから、行き・帰りの電車を選んで予約します。連絡もメールで来るので、お店に行く必要はありません。

メリットは、「パックツアーより自由」で「個別手配よりおトクで便利」というところ。ツアーの一種とはいえ、添乗員もいなければ、他の「参加者」もいないし、いわゆる「パックツアー」とはだいぶ違います。乗る電車と泊まる宿が決まっている以外は、自分で全部予約した場合と同じような感じです。目的もスケジュールも自由。

それでいて、格安切符を探したりして、電車と宿を別々に取るよりもっとおトクになることが多いです。電車と宿を一度に予約できるので、手間が省けて助かる、というのもメリット。

ココに注意!

一方の注意点としては、まず「宿の選択肢が限られる」というところ。旅行会社と提携している宿の中から選ぶことになります。でも、大きな旅行会社だったら、それなりにたくさんの宿から選べるので、さほど困ることはないでしょう。

直前予約できないのも、フリープランの弱点です。だいたい出発の5日前くらいが締切。突然「そうだ、長野に行こう!」と思った時とか、急な出張などの場合は注意。

キャンセルのルールも、自分で予約するより厳しいです。キャンセル料がかかりはじめるのは、宿だけ予約するのより早いし、特に切符を送ってもらってからキャンセルしようとすると、みどりの窓口に行って手続きしなきゃいけなかったりします。

あと、覚えておきたいのが、1ヶ月以上前の予約だと、「ホームページで予約が済んでも、切符はまだ取れていない」というところ。ホームページ上では、宿が空いているかどうかは分かりますけど、指定席が取れるかどうかはまだ分からないんです。

指定席を取ってくれるのは、指定席が発売になる1ヶ月前になってからです。なので、旅行シーズンだと、あとで「取れなかったので電車を変えてください」って言われたり、ひどいときは予約が取り消しになることもありえるので、頭の片隅に置いておいてください。

フリープランで泊まれる長野の宿一覧(日本旅行)

Copyright(c) 2015 長野へ電車で行くには? All Rights Reserved.