特急しなのの停車駅・料金は?

名古屋や関西と長野を結ぶ便利な電車、特急しなのの停車駅・料金などをご紹介します。

特急しなのは、名古屋から長野へ行くのに使える特急電車。関西から長野へ行くにも、新幹線から特急しなのへ乗りかえて行くのが一般的です。朝から夜まで、1時間に1本ずつ走っています。

特急しなのの停車駅は?

特急しなのの停車駅は、列車によって微妙に違いがあります。千種・多治見・中津川・木曽福島・塩尻・松本・篠ノ井は、全部の特急しなのの停車駅ですけど、他の駅は一部の列車しか止まりません。金山は、朝の上りと夕方~夜の下りだけ止まります。

一部の特急しなのしか止まらない停車駅は、止まる列車がバラバラなので、利用する場合はどのしなのが止まるのか、事前の確認をお忘れなく。

列車によって停車駅が違うといっても、それほど停車駅の数が多い列車があるわけでもないので、かかる時間はそんなに変わりません。名古屋-長野で2時間50分~3時間くらいです。

特急しなのの料金は?

松本 長野
名古屋
  • 3,410
  • 2,200
  • 2,730
  • 2,800
  • 4,510
  • 2,420
  • 2,950
  • 4,190
松本 -
  • 1,170
  • 1,200
  • 1,730
  • 1,050
  • 運賃
  • 自由席特急料金
  • 指定席特急料金(通常期)
  • グリーン料金

単位:円 2022年3月現在

特急しなのの料金は、名古屋-長野間が運賃・指定席特急料金あわせて7,460円。指定席特急料金は、繁忙期(3月下旬~4月上旬・ゴールデンウィーク・7月下旬~8月・年末年始)だと200円アップ、閑散期(1月後半~2月・6月・9月・11月~12月中旬の月~木)は200円ダウンになります。

新幹線と特急しなのを乗りつぐ場合、「乗りつぎ割引」というのがあります。両方の特急券をいっしょに買うと、特急しなのの特急料金が半額になるんです。これを使うと、大阪-長野間の指定席特急料金は、あわせて4,740円(新幹線はのぞみ利用)になります。フリープランなど、他の格安手段が使えないなら、忘れずに使ってください。
※金額はすべて2022年3月現在

特急しなのにおトクに乗るには?

特急しなのにおトクに乗れる格安切符は、回数券やフリーきっぷもありますけど、回数券だと余っちゃったり、バスに乗らないと高くついたりします。そこでご紹介したいのがフリープラン。電車の往復の切符と宿泊プランがセットになった、旅行会社のツアーの一種です。

ツアーの一種には違いないんですけど、「パックツアー」とはだいぶ違います。乗る電車と泊まる宿が決まっている以外は、目的もスケジュールも自由です。切符と宿を別々に取るよりずっとおトクになることも多いので、格安切符を探す前に、まずは検討してみるのがおススメ。

メリットも注意点もいろいろあるので、自分の場合は使えるかどうか、おトクになるのかどうか、よく調べて、使えるなら大いに活用しちゃいましょう。

フリープランについてもっと詳しく

Copyright(c) 2015 長野へ電車で行くには? All Rights Reserved.