大阪から長野へ電車で行く2つのルートとおトク情報

大阪から長野へ電車で行く方法と、おトクな手段をご紹介します。

大阪から長野へ行くには、名古屋経由・金沢経由の2つのルートがあります。かかる時間はどっちも4時間台前半くらいであまり変わりませんけど、名古屋経由のほうが安いので、基本的にはおすすめです。

「大阪→名古屋→長野」ルート

新大阪から新幹線で名古屋へ→特急「しなの」に乗りかえて長野へ……っていうのがオーソドックスです。大阪からの新幹線はたくさん走っていますけど、特急電車は1時間に1本なので、結局それに合わせて新幹線を選ぶ感じになります。

新幹線は、ひかりやこだまでもそんなに時間は変わりませんけど、特急電車の時間に合わせることを考えると、本数の多いのぞみがおすすめです。のぞみなら、新大阪から50分くらいで名古屋到着。着いたら、10番線の特急電車に乗りかえます。

あとは終点の長野まで乗っているだけでOK。3時間くらいの旅路です。木曽路の渓谷美など眺めながら行きましょう。特に、上松駅手前の名勝「寝覚ノ床」とか、長野少し手前の姨捨駅あたりからの景色はお見逃しなく。

「大阪→金沢→長野」ルート

大阪から特急「サンダーバード」で金沢へ→北陸新幹線で長野へ……っていうルートでも、かかる時間はほとんど変わりません。それでいて割高なので、あまりメリットはないですね。乗り物酔いしやすいというウワサの「しなの」を避けたいとか、「どうしても北陸新幹線で行きたい!」っていうような場合には利用価値あるでしょう。

特急「サンダーバード」は、1時間に2本ある時間帯が多いですけど、金沢で乗りかえる北陸新幹線が1時間に1本くらいなので、やっぱりそれに合わせて選ぶ感じですね。大阪駅での特急電車の乗り場は11番のりば。琵琶湖や北陸の山並みを眺めつつ、2時間半~3時間くらいで着きます。

着いたら、新幹線乗り場(11~14番のりば)へ。いちばん速い「かがやき」なら1時間ちょっとで長野に着きますけど、本数が少ないです。1時間に1本ある「はくたか」だと1時間25分くらい。

長野駅からの移動は

長野駅の出口は2つありますけど、使うのは圧倒的に「善光寺口」です。駅近くの宿に直行するとか、駅近辺に用がある場合以外は、バスで移動することが多いでしょう。駅前にバスターミナルがあります。

長野駅から2キロくらい離れた善光寺あたりまでが、長野の「メインエリア」。観光でも仕事でも泊まるだけでも、このエリアにお世話になることが多いでしょう。歩くにはちょっと広すぎるので、充実したバスに頼るのがいいですね。

一方、ちょっと離れた郊外に向かうなら、行き先によって長野電鉄の電車かバスかに分かれます。長野電鉄は、須坂・小布施・信州中野を通って湯田中まで行ける電車。湯田中駅は湯田中・渋温泉郷だけでなく志賀高原の玄関口でもあります。南の松代や、戸隠高原へはバスで。

大阪から長野へおトクに行くには?

大阪から長野へ電車で行くとき、おトクに行く方法はいくつかありますけど、まずご紹介しておきたいのがフリープラン。電車の往復の切符と宿泊プランがセットになった、旅行会社のツアーの一種です。

ツアーの一種には違いないんですけど、「パックツアー」とはだいぶ違います。乗る電車と泊まる宿が決まっている以外は、目的もスケジュールも自由です。切符と宿を別々に取るよりずっとおトクになることも多いので、格安切符を探す前に、まずは検討してみるのがおススメ。

メリットも注意点もいろいろあるので、自分の場合は使えるかどうか、おトクになるのかどうか、よく調べて、使えるなら大いに活用しちゃいましょう。

フリープランについてもっと詳しく

フリープランで泊まれる長野の宿一覧(日本旅行)


※「出発地」を「首都圏」から「関西」に切りかえてください。


※「出発地」を「首都圏」から「関西」に切りかえてください。

大阪から長野へ行くのに使えるおトクな切符は?

大阪から長野へ行くのに、フリープラン以外でおトクな切符を探そうとすると難しいです。まず、「大阪発長野行き」っていうおトク切符は、残念ながらありません。「大阪~名古屋」・「名古屋~長野」の切符を組み合わせるくらいしかないですね。それでも、ふつうに切符を買うよりほんの少しおトクになるくらいです。

そもそも、大阪から長野までふつうに切符を買っている時点で、新幹線→特急の「乗りつぎ割引」で「しなの」の特急料金が半額になっているんです。すでにおトクになっているわけですね。

  • 3人で行く
  • 新幹線は自由席でOK
  • 7日前までに買える

っていう条件がそろえば、「新幹線自由席用早特往復きっぷ」と「しなの」の6枚つづりの回数券を組み合わせる手が使えて、いくらかおトクになります。あと、平成28年3月までは、回数券のかわりに「信濃路フリーきっぷ」を使うと、3人じゃなくても利用可。回数券より割高ですけど、アルピコ交通のバスが乗り降り自由なので、松代や戸隠まで行くならむしろおトクです。

「新幹線自由席用早特往復きっぷ」は、乗る7日前までに大阪周辺の主な駅や主な旅行会社で買えます。「しなの」の回数券と「信濃路フリーきっぷ」は名古屋に着いてから買ってください。この2つは、お盆や年末年始、ゴールデンウィークには使えないのでご注意を。

Copyright(c) 2015 長野へ電車で行くには? All Rights Reserved.